厳しくしてもらいたいのとカタログのシニアモデルの枕営業 千葉のシティーホテルで強制オナニーで悦ぶ42歳ドⅯの天海祐希似のアラフォーモデル

私はセ〇シールの無料カタログの委託作成を任されてる広告店の主任

 

その女性用無料カタログは季節ごとに年4回発行される、洋服と下着の通販カタログです。

 

仕事柄、カタログモデルの綺麗なお姉さんと知り合えるのが役得です。

 

ミントC!Jメール

 

正直、撮影時に綺麗なモデルさんを何人も見るにつけ、スケベ心がムクムクしますが、現実は噂されてるような枕営業でモデルと一夜を共になんて、一度もありません。・・あの日までは。

 

本社(セ〇シール)のチーフプロデューサーなどは、たまに浮いた噂も聞きますが、私は所詮下請けの主任でモデルの採用決定権はないのですが、モデルさんたちはそこまでは分かりませんし、損の無いように皆さんに、愛想よくはされます。

 

今日も撮影が終わり、いつものカフェでお茶する私の席に

 

「すいません、主任さん、ココいいですか?」

 

とモデルのユウキさんが隣に座ってきました。

 

通販カタログ雑誌は若い20代から熟年の50代までがターゲットですので、モデルの年齢層も広くこのユウキさんは、42歳とシニアモデルの部類です。

 

タレントの天海祐希に似ているのでユウキさんとあだ名がつきました。

 

「どうぞ、お疲れ様です。座って、座って」

 

私はコーヒーを注文してあげてユウキさんを歓迎です。

 

モデル履歴で彼女の年齢も3サイズも、家族構成も分かっています。

 

数値こそ覚えてませんが43でも流石はモデル、すらっと背の高い知的なユウキさんは眩しく輝いて見えます。

 

きらりと輝くアクセサリーは、春の装いに軽やかさと華やかさを上品にプラスし大人の艶を醸します。

 

若い20歳代にはない落ち着きもあります。

 

「また、冬号の撮影もお願いしますわ。主任さん」

 

「いま、スマホで出会い系サイトミントC!Jメール見てましたよね」

 

40歳の私は、若いイケイケのモデルといると周りの目が気になりますが、熟女ですとそんなに不自然でなく落ち着きます。

 

へんに関係者やスタッフに噂になることも無いでしょう。

 

「ハハッ、なるべく力になりますよ」

 

いつも答えるときは、こういいます。まあ決まり文句。

 

そこから、権力をかさに枕に持ち込む職権乱用なんてことはありませんが、なんとモデルさんの方から誘いの言葉が、

 

「よろしかったら、空いてる日を教えてくださいません・・」

 

クールな奥さんは私の目を見つめて、意味ありげにほほ笑みます。

 

すっと高い鼻とシャープなアゴのラインはいかにもモデル然としたいい女。

 

綺麗にメイクして流行りのワンピースに上品なカーディガン。

 

細めのシルバーのネックレスに飾られた首元は、さすがに皺とたるみがありますがソレも艶があります。

 

43とは思えないカッコいい大人の色気にスケベ心がムクムク。

 

「それなら、今日の夜暇してますよ、ユウキさん」

 

冗談でしょと笑い飛ばされずに、彼女がその白く細い手を重ねてきます。

 

きれいにマニュキアされてる爪と皺をかくせない手の甲。

 

「ユ、ユウキさん。じゃあ、この店で今夜9時ごろまた会いましょう、・・ホントにいいの?」

 

「うふふ、絶対来ますわ、主任さん」

 

その夜

 

千葉のシティーホテルにチェックインするや、我慢ならんとばかりにユウキさんを抱きしめます。

 

落ち着くとベッドに二人腰掛けました。

 

「でも、ユウキさん、結婚してるし、ホントに良いんですか。ここまでしなくても生活は困らないでしょ」

 

43とは言えモデルの綺麗な熟女に見返りも無くタダもてると思ってるほど世間知らずではありません。

 

「出来れば、厳しくしてもらいたいの・・」

 

どうやら、自分が泣く泣く枕営業で弱みに付け込まれ、男の欲望のままに陵辱されるのが、すごく興奮するらしいのです。

 

クールに見えたシニアモデルは実はMでした。

 

実際に今回のケースはモデル業にとっても得でしかなく初めからその気だったそうです。

 

それならばと

 

「さあ、仕事が欲しけりゃ、咥えるんだ」

広告マンの私はすぐに対応します。

 

いや、日ごろから妄想してたのでスムーズに言葉が出ます、まさに秘めた欲望を晒すチャンス。

 

半分演技とはいえ、ベッドに下半身だけ脱いで座り、その股間に顔をうずめる黒いドレスのシニアモデル。

 

ピンクにネイルされた細い指でペニスをしごかれつつのフェラチオ。

 

皮のしごかれる刺激とユウキさんの温かい口の肉に包まれる快感。

 

ドレスの上から小さめの胸を荒く揉んでやります。

 

「出るぞ、」

 

うなりながら、

 

ドピュッ、ドピュッ、・・・

 

と綺麗なモデルに口内射精。

 

ミントC!Jメール

 

調子に乗って私は

 

「ほら、こぼさずに精液を飲み干しなさい」

 

困った顔で、眉間に皺をよせ私を睨むユウキさん

 

ゴクッとノドをそらして飲み込むと

 

「ふうーにがーい、ひどい主任」

 

と自分の世界に浸り色っぽい淫乱な女です。

 

「服を脱いで、股開いてオナニーするんだ」

 

もう演技ではない私の心からの欲望に、イヤイヤ従う風のモデル。

 

ミントC!Jメール  

 

裸になりベッドに仰向けで、膝を立てた状態で股を開くユウキさん。

 

遠目にも真っ黒な股間が濡れてるのが分かります。

 

綺麗でも裸は43歳、お腹の皺と垂れ気味の乳房はだらしなく、乳輪も焦げ茶色。

 

「いい年こいて、この淫乱女、ほらマンコぬらして、自分で感じろ」

 

「ああん、ホントに次も使って、使って・・・」

 

仕事の為に、悔しそうにイヤイヤさせられる風で股間に手を添え乳首を擦るも、熟女モデルは欲情を隠せない程、燃え上がっています。

 

「ああっ、イキます、」

 

愛液の香りをむせ返るように立てながら、腰を引くつかせアクメを迎えるユウキさん。

 

一度果てた俺は、もう硬く勃起を復活させ、ビクつく肉棒を一気に挿入しました。

 

「だめ、主任さん、だめ、だめ、入れるのはイヤッ」

 

彼女の希望通りの性交なのでしょう。

 

口では嫌がり風ですが、身体は足を絡め抱き着き、燃え上がってます。

 

その夜、私のいやらしい要求にイヤイヤ、しょうがなくという感じで陵辱が続きます。

 

閉経を確認し嫌がる女に無理やり風の中出し。

 

弱みに付け込む風イマラチオ、アナル舐め・・・思いつくスケベを堪能する男女。

 

いろんな女がいるんだと、嬉しく思いながら、何度も気をやる熟女モデルに一晩中腰をふる最高のひと時でした。

 

もちろん冬号のシニアモデルはユウキさんで決定ですね。

 

ミントC!Jメール