第7話 「お願い…下劣な私を捨てないで…」自尊心失い快楽に堕ちたので制裁終了

こんにちは。

 

キャバクラ大好きなみつぐです。

 

キャバクラ遊びの主人公健一。

 

まるで私と同じである。

 

給料が入れば好みのキャバ嬢の所で豪遊するが目当てはそのキャバ嬢とセ〇クスがしたいだけである。

 

このエロまんがはそういう人たちの恨みを鬱憤するまんが。

 

好きなキャバ嬢を犯すことができるなんて最高

 

<<<無料お試し読みができます。>>>

主人公 健一(宅配ピザバイト)
元キャバ嬢、女子大生 心菜(源氏名)梨夏
ジュン 梨夏の同棲ヤンキー同棲

最終話

梨夏はことあることに健一を呼び出し

 

変態セ〇クスを満喫している。

 

健一が来ることで、脅迫されて犯されていたことを思い出しながらプレイをしていた。

 

そして、イキそうになると、首を絞められることが悦びであった。

 

首を絞めると、膣の中も同時に絞めてくる。

 

健一はあの憧れのキャバ嬢心菜とは違うと思い始めた。

 

あわよくばセ〇クスができればよいと思っていた時と違っている。

 

もう心菜とはセ〇クスを最後にする。

 

だからめちゃくちゃにしてやる。

 

もう一回と嘆願するが、違う事しようと

 

それはSMプレーだ

 

梨夏は両手両足をⅯ字に縛り身動きできない状態にした。

こんな格好させられるにゾクゾクしていた。

 

期待に胸を高鳴らせながら表情はトロけきっている

 

この表情がエロく最高だ。

 

本当に何をされるかワクワクしている表情である。

 

「早く挿入れて」

 

しかし、健一はローターを持って梨夏の両乳首にテープで取れないように付けた。

 

お〇んこは開き状態で閉じることができないが、異常に濡れていた。

 

そこに健一の手が容赦なくお〇んこをかき回した。そして罵声を浴びて感じている梨夏のお〇んこ愛液でネバネバである。

 

恥ずかしいなどはなく嬉しそうな表情で涎を垂らしながら喜んでいる。

 

「健一のち〇こがほしい」と哀願するが、

 

健一はもう梨夏の身体には興味がない。

 

健一のち〇この代役にオモチャをだしてきた

 

お〇んことア〇ルの2つの穴にオモチャを入れて蓋を塞いだ。

 

スイッチを入れると潮吹きが止まらない。

 

その状態でさようなら。

 

梨夏は我に返ったが身動きできない。

 

オモチャの気持ちよさで何度も絶頂を迎えたがそのまま放置していった。

 

この後、梨夏はどうなったのかはわからない。

 

縛られた梨夏のエロい表情は抜けます。

↓   ↓   ↓

BookLiveコミック

1話¥86です。

7話完結作品