松戸の49歳義母は家族の為と言いながらお尻を突き出して……アナルセックス

私は45歳、妻は15も下で30歳、3歳の娘と49歳の義母と4人で幸せに暮らしてました。

 

そんな中、妻が子宮筋腫で入院してしまいます。

 

先生の説明によると術後1か月は入院が必要らしくその間生活は一変しました。

 

幸いに義母が50前とまだ元気で、娘のめんどうや家事全般を請け負ってくれて助かりました。

 

その義母がなんと出会い系サイトミントC!Jメールをしているがわかりました。

 

偶然、義母のスマホにメールがなんとそれが男からのメールでした。

 

 

欲求不満の私は妻との営みがなく。悶絶としてました。

 

なぜなら、入院前からするともう妻と3か月以上営みがなく、どちらかというと絶倫の私はオナニーだけでは欲求不満でした。

 

6人の大部屋で共同入院生活している子宮筋腫の妻に性処理を頼むわけにもいかず、悶々とした日々を過ごしてました。

 

私も出会い系で待ち合わせたギャルには食事だけで袖にされたり、風俗店では地雷にあたったり散々でどうしてもムラムラが解消できず、少し娘にも辛く当たっていたようです。

 

妻の見舞いも以前よりも寄り添う時間が短くなり、家族の仲に亀裂が生じてきます。

 

そんな、ぎすぎすし出した家族を心配していたのでしょうか

 

「雄二さん、優子の入院あと2週間以上あるけど、もう少し頑張りましょうね」

 

娘を寝かせてリビングで義母と珍しく晩酌しました。

 

顔立ちは妻より美形な義母を欲求不満状態の私は性的な目で見ていました。

 

「子宮筋腫って退院後も休養が続くの雄二さん知ってるでしょ?」

 

今夜の義母はいつもと違って口調が甘いです、なんとなくイケそうだと直感します。

 

そして、義母にスマホの事を言いました。

 

すると、義母は下を向いて頷き、

 

「近頃、雄二さんイライラしてて見てて不安よ……、してないんでしょ?」

 

ソファーの私の隣に座って綿生地のパジャマを纏った身体を近づけてきます。

 

「ママは退院後も1か月は休ませてあげてネ……」

 

「お義母さん分ってますよ……」

 

義母が肩をよせて言います

 

「その間、よかったらお手伝いさせて……家族の為よ」

 

義母に女の劣情を感じ、もう私のペニスはむくむく反応してきました。

 

「最後までは出来ないけど……手とかなら……」

 

義母のシワの浮いた手の甲、その手の平が私の太腿に置かれました。

 

お義母さんと呼んではいるが私と5つしか違わないまだ50歳前の女です。

 

(抱きたい、抱けるぞ!)そう感じた私は義母を抱きしめました。

 

「はあっ、……下脱いで、あせらないっ」

 

唇を避けるように喉を反らしながら義母は私の肩をポンポンしました。

 

抱き合いながら私は、ジャージとパンツを一気に下げて、勃起を解放します。

 

もう恥ずかしいほどビンビンにそそり立ったペニスをチラッと見て

 

「あら、あら……ふーん」

 

義母は私に抱きしめられながら、その手で剛直を握ってきました。

 

素人に、愛情を込めて男性器を握られる悦びは久しぶりです。

握った指をゆっくり上下にしごき始めた義母、その耳元に

 

「やりたい」

 

と囁きました。

 

[無理言わないで……」

 

彼女は私の股間に顔を埋め舌をペニスに伸ばします。

 

肉厚な長い舌がペニス全体をぬぐい、まとわりつきます。

 

やがて亀頭を頬張りヌメヌメした温かい粘膜で先端全てを覆ってしまいます。

 

ジュポ、ジュポ

 

と音を出し吸い込みながら首を揺り動かし、手は根元をすごい速さでしごき上げます。

 

一旦口を離し

 

「もう、出してしまいなさい」

 

俯いたままそう言って、もう一度咥えます。

 

私は義母の風呂上りで濡れた髪に手を忍ばせ肛門をヒクヒクさせます。

 

そして、義母の求め通りドクドクとザーメンを打ち放ちました。

 

そのまましばらく動きを止める二人……先に動いたのは口をすぼめた義母でした。

 

彼女は洗面所に行き、しばらく後、口をゆすぐ水音が聞えました。

 

禁欲生活は長く、一度射精を終えてもまだ性欲は収まりません。

 

半裸の状態で洗面所に行き義母を後ろから抱くように胸を揉みました。

 

「したい……」

 

「もう……しょうがないわね……」

 

熟女が意図せず浮かべる、嬉しそうな表情を私は見逃しません。

 

 

義母は和室に敷布団を敷いて大きなタオルをその上に重ねます。

 

そして箪笥の引き出しから潤滑オイルを取り出し布団の枕元に置き、綿パジャマを脱ぎます。

 

「雄二さんも全部脱いで」

 

下着を外しながら義母はそう言って……二人は全裸で抱き合いました。

 

久しぶりの女体の柔らかさと温かさ、そして熟女の匂いにもうビンビンに復活しています。

 

柔らかな萎み気味のおっぱいを吸いたてた後、義母の足を広げ股間を観察します。

 

白髪が2,3本混じる陰毛が揺れています。

 

その下にはアワビのような黒い陰唇……私はしゃぶりつきました。

 

モワッと女の匂いを立てる義母のおマンコを夢中でクンニします。

もう我慢できません。

 

体勢を整え膣穴への挿入体勢を取った時

 

「雄二さん……お尻にして、優子に悪いわっ……」

 

彼女は枕元のオイルボトルから垂らし出した潤滑オイルを自身の肛門に塗りつけ、ペニスにも伸ばしながら塗りつけます。

 

「(亡くなった)主人とじゃないのよ、出会い系サイトで知り合った男がいつもココ一辺倒でね……」

 

彼女は四つん這いになってお尻を突き出します。

 

「大丈夫よ、すぐ入るわ……」

 

オマンコは入れられない様に手で隠し、黒い菊の蕾をすぼめたり盛り上げたりして挿入を誘います。

 

いかにも気持ちよさげな肛門!

 

「お義母さん……」

 

両手で弛んだ太腿のつけ根を持って引き寄せ、腰を突き出して、すぼまりに亀頭を押し付けます。

 

ずるりっと思ったよりスムーズに挿入出来ました、義母の協力もあったのでしょう。

 

こうして、私は義母とアナルとペニスで繋がったのです。

 

初めてのアナルは強烈に快感をもたらしました。

 

入口のゴム輪のような締め付けが、ヴァギナとは比べものなりません。

 

妻とのセックスより良いのです。

 

妻の入院のせいで溜まりに溜まった肉欲をその母の肛門にぶつけます。

 

ぱんっ!ぱんっ!ぱんっ!ぱんっ!……

 

「ああっ、あああぁ、はあああっ」

 

「出るうっ!」

 

私は腰のストロークをピタッと止め萎んだ乳房を引きちぎるほど掴んで、お尻を痙攣させながら直腸内に射精しました。

 

今までの欲求不満が霧が晴れるようにスッキリしました。

 

……「ありがとう、お義母さん」

 

「ふふっ……わたしこそ、また我慢できなくなったら、……いいわよっ」

 

まだしていなかった禁断のフレンチキスが自然と交わされました……。

 

 

不思議なもので、義母と関係を結んだのに肛門での結びつきだからか、妻と娘に対して大した罪悪感を覚えることはほとんどありませんでした。

 

こちらで無料登録できます。

↓    ↓    ↓

ミントC!Jメール登録はこちらから